リンクコラムスケジュールプロフィールワークスホームトップページ



講座 ・・2005/08/27
    今週の水、木曜日の2日間にわたり、
    鎌倉での3ヶ月講座(平日コース)の仕事がスタートしました。
    8月~10月まで土日コースと平日コースの2つのコースを、
    鎌倉で同時にスタートしておりますが、
    土日コースのメンバーと、平日コースのメンバーの雰囲気が、違いますね。
    と主催者と話をしておりました。
    
    同じ場所で、ほぼ同時期にスタートしていますのに、メンバーのキャラクターが異なるので、
    授業の内容は同じでも、私が話をしていることは、違う。
    と自分でも気付いておりましたが、主催者も同じことを思っていたようです。
    メンバーが変われば、質問の内容も違いますし、雰囲気に合わせて適切だと思う話をしますので、
    話の内容も、伝え方も、変わってくるのは当然ともいえます。
    
    よって再受講にいらしてくださっている方でも、学びや理解が深まるだけでなく、
    以前そのような話はしていなかった。と思うような内容も出てきますので、
    質問もどんどん出てきます。
    何度受けても、新鮮な気持ちで、楽しめる講座でしょう。仲間も増えますしね。
    
    今回も平日コースのメンバーは、医療関係に勤めている方々が多いです。
    という話を主催者から聞いておりましたが、参加してくださっている方々は、
    この講座では何を求めているのだろう・・・。ということを、自己紹介の際にお聞きし、
    理解しました。
    
    2日目の木曜日は、台風接近でしたが、お昼の昼食時の移動のときは、
    行きも帰りも、そのときだけぴたっと雨が止むという幸運さで、
    お昼時のメインの話は、針の話になりました。
    針。といえば、稽古に通っている和裁の針。
    を真っ先に思い出しますが、看護士さんにとっては、注射針、鍼灸師の方は、針治療の針。 
    針だけでも扱い方、種類、用途によって、当然ながら、いろいろあるな~と思いました。
    針の歴史っていったいどうなっているのだろうか。
    針女(しんみょう)という、一冊の本を、歴史とは関係ないが、
    ふと思い出し、読んでみたくなりました。
    
    話は戻り、1日目の授業の中で、少しだけ「色」の話になりました。
    それはヒプノセラピーで、アメリカ人が体験する見方と、
    日本人がヒプノセラピーをする体験の見方が人種によって違うということ。
    それを理解していただくために「色」についての話をしました。 
    
    ちなみに日本人は、色に関して、ものすごい数の色があります。
    着物の色を表すのに、赤ひとつにとっても、
    緋色、朱色、茜色、赤朽葉、紅、蒲色、紅葉色、臙脂色・・・、
    ほんとうにきりがありません。
    赤系統の色は、100色は超えていて、その日本人のもともと備わっているDNAが、
    実際のヒプノセラピーでは、特色を持ってくることがあるのだという話を、
    色にたとえて、話をしていきました。
    
    来週の土日は、再び土日コースの鎌倉での講座。
    どんな展開になるのか楽しみです。
    
    






心の鏡 ・・2005/08/14
    NHKの番組で、声優の仕事をしている20代くらい?
    の若い女性が、夢を叶えて仕事をしている様子が出ていた。
    彼女は、自宅で自分の声を録音しては、聞き返したりなどをして努力をしていて、
    実際、セリフを話している声は、かわいらしい顔と同じく、
    なんとも声もかわいらしく、私が思う、声優らしい声だった。
    でもその後、男役の声を聞いたとき、あのかわいらしい声が、見事変わっていたのに、
    そばで聞いていた周りの人が、みんなが引き寄せられてしまった上手さで、
    私もとても関心し、この人、いい!と思った。
    
    一つの自分のキャラクターや他人から見られるキャラクターにとどまっていなく、
    意識の高い人で、可能性を秘めているようなものを感じ、応援したくなりました。
    
    何人か、私のセッションにいらしてくださる方の中にも、
    声優の方や、声優学校に通っていらっしゃる方が、いらしたこともありました。 
    ある女性は、カウンセリングのときに、同じ声優同士の彼氏から、
    「整形したら?整形したら再び付き合う」と言われて、
    実際に整形をした女性でしたが、それでも自分の劣等感は消えず、
    色々な葛藤があり、いらしてくださいました。 
    普通なら、相手を変えれば。と友人には伝えるのかもしれませんが、
    セラピーでは、自分の考えは、どこかにすべて置いていくので、
    話を聞きながら、整形したところに、そのとき生まれて初めて、触らせてもらいました。
    触らせてもらっていくうちに、彼女の心の傷が出てきて、
    自然と、顔の整形はしたけれども、これからは、心の整形をしていきましょう。
    と本心を伝えました。
    
    セラピーは心の整形といえるのではないか、と思います。
    (失礼な言い方に聞こえたらごめんなさい。)
    そのためには、まずは、自分の心がどうなっているのか、
    心の鏡をセラピーでは見ることからはじまります。
    人によっては、自分の直面したくない面を見るのがコワイ。
    と思う方もいるでしょう。でも心の整形をしたいのなら、鏡を見ないとね。
    
    
    






ヒプノセラピー&フォーカシングセミナー in鎌倉 ・・2005/08/10
    8月6日、7日の土日で、鎌倉で11期生の講座を開催しました。
    今月から3ヶ月、同じメンバーで、皆様と一緒に過ごしていきます。
    ちなみに今月末あたりには、同じく鎌倉で、12期生の講座開催です。
    
    毎回講座をおこないますと、なぜか私の場合は、
    医療関係や教育者関係の方の集まりが、ほんとうに多いのです。
    今回も同じく、ドクター、看護士、教師などなどの参加が多く、
    主宰の方から、やっぱりMARIEさん。という話をしていたところでした。
    すでに人と向き合っている仕事をされる方にとって、
    専門的知識がおありな方がたくさんいる中、
    再び、心というものについて深く学びなおしましたり、
    違うものの見方をしていくことで拡げていかれることは、
    その後に続く、私が直接関わることがない、
    見えない患者、生徒、クライアントさんに、役立っていかれるだろう。
    と思います。
    でも何より、私もその中に入っているのでしょうが、
    自分自身のケアをする機会がほとんどない中、
    少しでもセミナーの機会で、自分自身を解放していけることができればと思っています。
    
    主宰者の話によりますと、
    今回は、青森、神戸、名古屋などなどから参加いただき、
    鎌倉という場所はすばらしいところで、特におこなっている場所は、
    海が眼の前で窓からすぐ見えるのですが、
    鎌倉の行くまでの時間が遠いところ、こうして集まってくださり、感謝いたします。
    
    毎回のことですが、授業が進み、3ヶ月間、共に同じメンバーで参加していますから、
    参加者同士、親近感が沸いてくるようです。
    話が、心の深い部分に入っていきますので、もともと人と接することが苦手な人でも、
    なぜかこの講座になると、心を開いて人と繋がるようになっていくようです。 
    授業の内容の深さを、一緒に学ぶことができる喜びを体験し合うのは、
    こんなに効果があるのだな~と、客観的に見ている立場の私は、
    皆さんが楽しく触れ合っている姿を遠くで見守りながら、感じます。
    
    セラピーって本当は、楽しいものだと私はいつも、皆さんの姿を見ていくと、特に思います。
    自分だけだと思っていたことも、色々と知っていくと、
    そうではなかったりすることもありますから。
    
    とにかく楽しむ。これがいちばん、大事なことだと思います。
    
    
    






公開チャネリング in 鎌倉 ・・2005/04/30
    今月、鎌倉での公開チャネリングを、インターセクト主催でおこないました。
    改めて、参加してくださった皆様、ありがとうございました。
    
    その日は晴天で、窓からは目の前に海が見えまして、
    開放感があり、すがすがしい場所で、チャネリングができました。
    
    個人セッションでのチャネリングは随時おこなっておりますが、
    公開チャネリングとして、皆様の前でおこなうのは、久々でした。
    
    どうしてチャネリングの存在は、
    自分でも秘密にしていたりして誰にも恥ずかしくて言えないようなことがわかるのですか?
    という質問を受けるのですが、
    チャネリング中は、すべてはチャネリングの存在にお任せです。
    
    インターセクト主催者の代表者の横山さんは、
    なぜかいつも私とチャネリングの仕事をするときは、妊娠。
    ということになるようですが、すばらしいことだと思います♪(笑)。
    
    皆様と一緒の公開チャネリングは、個人セッションとは違う良さがあります。
    他の人のチャネリングのメッセージや質問なども聞ける。ということです。
    そしてそれは自分にも当てはまることが、よくあることだからです。
    
    今回もチャネリングを終えて、私が目覚めたあと、自然と皆様が語り始めて、
    看護師の婦長さんがドクターに勇気のメッセージを与えて、また周りの人も、
    それに共感して・・・という参加者同士のやり取りなどのシェアリングを聴いていますと、
    これは公開チャネリングの最大の良さだと思うのです。
    
    自分だけではない。ということでもありますし、他人に共感できる心を持つこと、
    そして自分の心をオープンにすることの有意義な時間でもあります。
    
    地位や名誉や、仕事の肩書き、理想の自分、他人からの評価から、
    責任やプライドに縛られて毎日を過ごしていても、
    チャネリングの時間、セラピーの時間は別で、それらは不要です。
    
    すべてを委ねること。
    
    今回は主催のインターセクトの横山さんをはじめ、
    お手伝いの、もなちゃん、そして参加してくださった皆様、ありがとうございました。
    
    また近いうちにお目にかかれますことを楽しみに。またお会いしましょう。
    
    ありがとうございました。LOVE MARIE
    
    
    






2日間ワークショップ ・・2005/04/13
    2日間のワークショップを、先日の土日におこないました。
    今回も参加してくださいました方々、ありがとうございました。
    
    私のところは、個人セッションではさまざまな職業の方ですが、
    ワークショップや講座などになると、
    医療や教育の現場に携わっている職業の方の参加がなぜか多いのですが、
    今回も少人数でおこないながらも、考えてみると9割の方がそうでした。
    
    話はそれますが、以前、日本在住の中国人の医学博士は、
    私に、日本のドクターにこれから成長する医学生の優秀な成績の生徒は、
    みんな西洋医学に行ってしまい、東洋医学に関心を示さない。
    だからますます、東洋医学が・・・というようなことをおっしゃっておりましたが、
    わかる気がします。
    
    ちなみに私のところに来てくださっている方は、
    私がこういう職業ですので、眼で見えないもの。
    感情なども含めて、自分や他者を理解することを大事に思ってくださいますので、
    大変嬉しく思う今日この頃であります。
    
    さて話がそれましたが、今回の2日間ワークショップは、
    参加してくださった方々と、楽しく笑いあい、充実した2日間でした。
    
    帰りは飛行場まで車で送っていただくことになり(ありがとうございます☆)、
    時間がまだありましたので、たまたま通りかかった喫茶店に寄りましたが、
    入ったところが、オーナーの趣味で飾られているお店で、
    今回の2日間のワークショップの感想を改めてお聞きすることができまして、
    私も皆さんと加わり、楽しく充実した仕事をさせていただきました。
    
    楽しい時間を共有でき、ありがとうございます☆
    
    LOVE MARIE
    
    
    




MARIEVISION PAGE TOP