リンクコラムスケジュールプロフィールワークスホームトップページ




変化から変換へ ・・2005/04/15
    ここ4月は、環境の変化が一番多い季節ともいえます。
    先日もワークショップをおこないましたが、髪形の変更のアドバイスをしました。
    人によっては、食べ物だったり、環境だったり、服装だったり、
    その方にとって内的より外的なものを先に変更したほうがよい場合、といいましても、
    ○○が良い場合。という理屈ではなく、その方を真正面から正視していますと、
    ぽん!って飛び出してくるので、考えるよりも言葉が先に出てきます。
    後で、なぜこんなことが出てきたのだろう?と思うのですが、でてきたそのとおりに、
    今までよくアドバイスしてきましたが、やはりこれが一番大事なんだと思います。
    
    チャネリングではトランスですが、この場合は、相手を正視したときに見えてくる情報なので、
    私の感覚は少し違いますが、内的の場合は、
    セッションでは心のセラピーで深く堀り下げていくことをしますが、
    外的の場合は、セッションでは外側からのセラピーをしていくアドバイスをするようにします。
    するようにしている。
    というよりかは、情報が出てくるので、そのとおりに従っているのです。
    
    たとえば、相手が心を開きたくても人を信用できない場合、そのような結果になることは、
    必ず原因が本人もわからない無意識の深い部分ということもありますので、
    内的なセラピーでは、その原因となっているところを、どんどん落として下げていき、
    元になっているものを見つけ出すことで、
    それを表面に浮かび上がらせていく根本的な治療をしていきますが、
    同じ心を開きたくもできない。という悩みを持っていらした方でも、
    人によって悩みは一緒でも、心の深い部分の度合いが違っていたり、
    相手の個性によって変わってくるのは当然で、
    その方に合ったやり方をしていくことが一番なんだといつも思っています。
    
    極端に言えば、相手が心を閉ざしているからこそ、心のセラピーをすることが必要な場合と、
    美味しい食事を作ってあげて、一緒に食べる。
    という外的なセラピーをするほうが、よっぽど相手の心がそこから開いてくれて、
    そこから内的なセラピーをするほうが、よっぽど効果が上がる。
    ということがあります。
    またその逆も。
    相手によって、何が心を開くのか。
    
    内的セラピーの場合でも、優等生タイプは、
    わざと劣等生タイプを本人の中から出してくることでバランスをとることをすることも、
    人によってあります。またその逆も。
    外ではいろいろな方に、そのタイプが通用していて、もっとそれを強化していくことで、
    より良い仕事ができる。
    と思うのかもしれませんが、ず~っと相手を感じていると、
    まったく馴染みのない逆のものを出していくほうが、本人の魂の部分が拡大する人もいます。
    結果、本人が予想もしないほどの良い仕事をする。ということはよくあることです。
    
    変化は変換ともいえます。内的なセラピーをしていくことで、
    深く掘り下げていき、たどり着いたときには、ぱっと花火のように光って変換していくこともあれば、
    最初から、姿、形を外的に変換していくことで、結果、内なるものへと、つながるということもあります。
    
    


よくある質問 1 ・・2005/05/28
    Q: ヒプノセラピーに興味があります。しかし実際受けても、何も見えず、
    感じなかったらどうしよう。という不安が あります。 
    誘導のCDを試しても何も見えませんでした。
    ヒプノに向き不向きな人はいますか?
    
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    
    A: まず、誘導のCDを試しても見えないからといって、実際のセッションではイメージできないか。
    といいますと、そのようなことはありません。
    実際、誘導瞑想のCDでは、セッションに臨まれる前の練習や、
    普段のリラクゼーションとして聞くには効果がありますが、
    実際、ほとんどの方が眠ってしまったりすることのほうが多く、それはとても自然なことです。
    (ちなみに私は眠ってしまいます。)
    
    しかし、実際セッションでは、まったく見えない、感じない。
    という方は、少ないです。ただ、見たくない。
    という、本人の深い思いの部分や、漫画や本などの影響で、
    こんなふうに見えなきゃダメだという思いがありますと、イメージがぼやけてしまうことはあります。
    
    大事なことは、人によって感覚が違う。ということです。
    視覚の人は、映画のように見えたりしますし、感覚の人は、見えないですが、感じる。
    聴覚の人は、見えたり感じたりしないですが、
    聞こえる・・・などというように、その人が深いところで得意とする感覚で、ヒプノは出てきます。
    (もちろん途中で感覚が変わることもあります)。
    よって、な~んにも見えない、感じない、聞こえない、などというよりは、
    本人がそのように思っている、思いたい場合がほとんどです。
    なぜならヒプノセラピーに関しては、自分でイメージしていく作業で、
    セラピストはガイド役にしかすぎないですので。
    もちろん、今はその時期ではない。
    という場合の人もおりますが、そういう場合は、 
    別のアプローチ(カウンセリングや、チャネリングや、ヒーリングなどで)、
    おこなうことに私の場合はしています。
    
    たとえば、セラピー中にものすごい涙を流して流してすごい状態なのに、
    セラピー後は、私はこれでセラピーに入っていたのでしょうか? 
    見えなかったのですけど。という方がおります。結構多いです。
    それは認めたくないのかもしれません。
    頭ではこんなふうにイメージができるはずだと思っていても、 
    実際はイメージよりも、感情のほうが先に出てきてしまう場合です。
    セラピーで体験しているのです。
    よってセラピー後や、家に戻られた後、数日後に、なんだかすっきりしている。
    という状態は、イメージそのものよりも、本人の感覚の深いところに働きかけて理解するには、
    その方の受け入れ具合によって、時間が生じることがあります。
    
    実際、私がセラピスト仲間にむか~し、ヒプノをしてもらったとき、
    イメージがいつも出てくるのに、そのときはなぜか、ぼやけてしまっていて
    いつもの私のヒプノの感覚ではなかったことがありました。
     
    後にそれは、私の素直にヒプノの体験を受け入れようという気持ちがなかったことや、
    自分のヒプノの体験に、自分自身が参加していなかったのが原因です。
     
    互いにヒプノのやり取りをしていたので、何か人任せ的で、自分を見せよう。
    ということをしていませんでしたから、自分の中で、
    受け入れるものは出して、よくわからないものは、自分の中で、勝手に処理していました。
    実験的に、ヒプノでどこまで可能性があるのか。
    という、互いの勉強をしていたので、しょうがない、といえばしょうがないのですが・・・。
    また、ちょっと意地悪をして、私も見えないのです・・・というクライアントの立場になろう。
    とセラピー中に思って、見えない。と、セラピスト仲間に伝えたら(笑)、
    そんなクライアントと同じようなことを言って・・・と思ったのか、
    私なので、少し厳しいことを言われまして(笑)、
    その瞬間から、どんどんイメージが沸いてきたことは、おもしろかったです。
    これは後に、ヒプノセラピーのすばらしい発見となりました。
    
    結果、どれだけ自分のことを解放したいのかによって、結果が大きく変わってくる。 
    ということが、ヒプノセラピーの大きな特徴です。
    
    向き、不向きというよりは、リラックスして委ねることが、いちばんです。
    また、セラピストはリラックスできるよう、手伝ってくれると思います。
    
    


質問 2 ・・2005/06/22
    Q: 
    こんにちは。
    最近は自分をコントロールすることを心がけてはいますが
    なかなか思うようにいかないです。
    実は、よく行く心療内科のHPで、
    人は、何故生まれてきたのかとか生きる意味を知る必要はない、と書かれてました。
    わたしは気になるし考えてしまうのですが、それは意味の無い事なんでしょうか??
    友達に言わせると、わたしは小さい事を考えすぎる傾向があるといわれましたが、
    自分ではそんなたわいもない悩みや考えでさえ、どう意味がないのか、
    頭ではわかっても心では納得できない時があるんです。
    自分を守るのは自分しかなくて、
    自分のことをわかってほしいとか必要とされたいとかは意味がないことですか?
    私自身はそんなことないって思うんです。でも、自分が正しいのかなんてわかりません。
    marieさんの意見を聞けたら幸いです。
    
    ↑
    A: 
    文章の最後の、「私自身はそんなことないって思うんです」というのが、
    ご自身の答えになっています。
    何が正しいとか、そうでない。
    というのは、人それぞれですので、自分がそう思っていることを大事にすることです。
    
    私自身、ずっと幼少から、生まれてきたのはなぜなのか? 
    特に死については、とても興味がありました。
    しかし思いもよらず、ヒプノセラピーに初めて出会い、
    いきなり中間世が出てきまして、そこで得た体験は、たった1度のセラピーで、
    幼稚園から20年ほど考えていた、答えのない哲学的な疑問は、すっかり消えました。
    それはなぜかと考えますと、過去世、未来世、中間世、パラレルワールド、他の惑星など、
    いろいろな次元での世を体験の中で、行ったり来たりしていくと、何のために生まれてくるのか?
    などというような、一つの現在の点という地点での捉え方は、起きなくなってくるのです。 
    これは説明するのが難しいです。
    またそのほかにも、セッションを受けてくださっている方々の色々な世のできごとを受け入れると、
    ますます確信のようなものができますので、ずっと考えていた疑問はなくなりました。
    
    ちょうど今月6月のニュースレターに、何のために生まれてくるのか?は、
    西洋人、東洋人問わず、考えていることであり、その話に少しだけ触れています。
    登録してくださっていましたら、ご覧いただけます。
    
    自分のことをわかってほしいとか、必要とされたい。
    というのも、当たり前に人が思う感情です。
    
    私の場合は、自分が大事だと思う人との信頼関係がしっかりあれば、かえって、
    わかってほしい。とか
    必要とされたい。
    などという感情は、どこかに消えていくような気がします。
    そしてそのほうが、私は心地良いですね。
    
    自分自身の哲学的なもの、指針をしっかり持っていれば、
    他の異なる意見を聞いも、そのことにより自分の指針を強めることもあれば、
    他の意見を受け入れ、取り入れることで、そういう考え方もある。と、意識を拡大することもできます。
     自分の中心さえ持っていれば、人それぞれ資質も違うし、
    意見は勝手なのが当たり前なのですから、どっちだっていいんですよ。
    と気楽に思えますよ。
    
    


質問 3 ・・2005/08/15
    Q:
    (セラピーでいう)感情を解放するということは、どういう意味でしょうか?
    また、どのようにしたら自分の感情を解放できますか?
    
    ↑
    A:
    感情を解放する。
    とは、エネルギーを解放するという意味でもあり、
    私は、「深く味わうこと」だと思っています。
    
    痛みが起きてきたとき、そこに痛みはあってはならない。
    という思いから、痛みが生じるのであり、特にヒプノセラピーでは、
    そこに良い、悪いという感情を置いてもらい、その感情を深く味わってもらうようにしています。
    
    味わうことで、自然と自分が否定していた感情でさえ、どこかに行ってしまうものなんですね。
    そうすると、いろいろなことが、客観的に自分を見ていたときよりは、はるかに理解できます。
    
    セラピー中は、自分を自己分析するのを、あえてストップしていただき、
    今、流れている自分の感情を、味わってもらう。
    
    解放とは、客観的に自分が正しいと思う脳に自分を合わせるのではなく、
    今起きている自分の感情を分析せずに、
    そのままを深く味わうことから得られるものを受け容れることだと思っています。
    
    深く味わうと、自然と主観から客観へと移行していくものです。
    そのときの状況、その背後に隠されている自分の心が、味わうことで見えてきて、
    自分の心がわかってくると、他者への理解、気付きへと深まり、
    結果的に、ものの見方をひろげる大きな客観性への見方へと拡がっていくものです。
    その頃には、すでに痛みなどというものさえどこかへ消えて、
    大切な学びとしてのレッスンを終えた、静かな喜びを感じるようなものです。
    
    


質問 4 ・・2005/08/23
    Q:
    いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    まりえさんのオススメの天然石販売店は何処でしょうか?
    差し支えがなければ教えて下さい。よろしくお願い致します
    
    ↑
    A:
    個別にメールしたとおりです
    (ちなみに今後、石に関しての質問のみは、しばらく控えさせていただきます。)
    海外で石を購入したりするほうが多かったです。
    特にエネルギースポットへ訪れたときには、そこのエネルギーを感じられるものとして、
    石を購入していました。
    
    東京では1年に1回ほど、
    大きな会場で、石の卸売業者がおこなうショーがありますが、
    今となっては、もう行くことはないです。
    色々な波動がありすぎて、私には疲れます。
    
    そしてセッションを訪れる方へのお願いなのですが、
    個人セッションのときは、石のアクセサリーなどを身に着けている場合は、事前にはずされるか、
    かばんの中などに入れておいてから臨んでくだされば嬉しいです。
    
    ヒプノセラピーなどは、実際横になりますので、時計やアクセサリーははずしていただきますが、
    それだけでなく、実際のカウンセリングなどでも、
    石のエネルギーが、その人、そのものを見えにくくすることが私にはあり、
    そのモノが気になってしょうがない。
    ということがありますので、事前にはずしていただけますと、安心します。
    
    
    


MARIEVISION PAGE TOP